所在調査 さいたま市 探偵 埼玉


浮気調査にお悩みならさいたまの探偵事務所へ

「より最適で無駄なく短期間」に消息を突き止める方向性の所在調査

MENU

浮気調査 埼玉地域版

行方不明者の捜索スピードと捜索理由

行方不明な人物の調査には必要とされる調査スピードに違いがあります。

依頼人が何故?不明者の所在を知る必要性があるのか「理由」によって必要となる調査スピードは異なると言えるのです。

もし、不明者の安否が心配される状況で行方不明になった経緯があるならば「大至急の調査が必要」となるでしょう。

当然、警察にも捜索願いを提出して万全の体制で捜索にあたります。

このような行方不明者を捜索する代表的なケースとは真逆な調査スピードで行方不明者を探す理由に多くあがるケースが「音信不通な身内に関わる相続問題」が発生するケースなのです。

ことは早急を要さないが居場所を知りたいという代表がこのようなケースなのです。

過去に身内に迷惑をかけて連絡が取りつらくなってしまい音信不通というパターンが世間には数多く存在している。

このように肉親であっても居場所を何年も知らないという人物は簡単に居場所を突き止めることが出来ない。

現在までに得られている居場所に関する細かな情報が必要なことは言うまでもなく「ヒントとなる情報量」が「居場所判明の確率に比例」するのと言えるのです。

所在を突き止める

ご自身の力で所在不明な人物の居場所を特定することは困難を極めます。

お持ちの情報から実働し自身の足で居場所を聞き込む作業等は探偵が実施する所在調査の手法の中でも困難な部類と言えるのです。

一言で所在を突き止めると言っても様々な人物の居場所を特定することは「かなり多くのノウハウが必要」とされます。

必要となる調査手法も複数なければ「所在判明」には至らないことでしょう。

所在不明者の経済状況・仕事の有無・交際相手・親しい友人・学生時代からの同級生・趣味の繋がり・周囲から得られる情報は「所在判明には欠かすことが出来ない糸口」となる場合が少なくありません。

お子さんの家出などでお悩みの方は前記重要ポイントを踏まえた上で「探偵に相談し家出時の状況」と共に捜索手法を打ち合わせすることが必要となるのです。

お子さんの家出の場合には「交遊関係が限られる」等の考えを持たず「とにかく居場所を先に特定」することが重要となります。

お子さんの居場所が不明のまま放置した時間が長ければ多くのリスクが後に発生する可能性が高まるのです。

パートナーが消息不明

御主人や奥様がある日突然に消息を絶つ。異性関係が原因なのか結婚生活自体に問題があったのか「家を出た理由を知らされない」残された人物は多くの不安要素と時間を過ごすこととなります。

ここでまず確認しなければならない優先順位は「事件性の有無」であると言えます。

仕事を持っている人物が消息絶ったならば「勤務先に出勤を確認」することが優先されます。

もし、勤務先を辞めて消息を絶ったならば「周囲に迷惑を掛けない感情が働いている」ことが読み取れることでしょう。

このように事件性の有無を一つ一つ確認する作業が第一となるのです。

もし、ここで事件性が無い場合には「何故?家を出たのか」原因となった理由が家出前の生活や行動から判断できることでしょう。

探偵に所在調査を依頼するか?はこのような判断が出来た状況下で実施されることが望ましいと言えます。

依頼を請け負う探偵が優秀な探偵であるならば「必ず所在を突き止めよう」と考え「最適な捜索手段をチョイスしたい」と考えるものなのです。

依頼人のために結果を出したいと考えれば当然の流れと言えます。

事件性の有無を確認し行方不明の原因を限定することにより「より最適で無駄なく短期間」に消息を突き止める方向性の所在調査を選択しご依頼者が納得する業務を提供するのです。

▲PageTOP