自分 浮気調査 埼玉 さいたま市 探偵


浮気調査にお悩みならさいたまの探偵事務所へ

探偵が実施する調査が皆さんに実行可能かといえば実際には探偵の真似は不可能です

MENU

自分で出来る浮気調査の範囲

自分で実施可能な浮気調査には限界が存在

探偵が実施する調査手法を真似することが出来るならば「探偵に調査を依頼する必要性」は無くなります。

誰にでも欲している情報が入手できるでしょうし、無駄な出費をしなくて済むと考えられることでしょう。
現実問題として「探偵が実施する調査が皆さんに実行可能」であるならば探偵の存在価値が問われる時代に突入したと断言できるのです。

しかし、実際には探偵の真似は不可能であり、ご依頼者の立場で自分で実施可能な浮気調査には限界が存在していると言えるのです。
それではどのような浮気調査が皆さんに実行可能か?探偵自身である私が「皆さんに可能な調査」と提示できる線引きをして少しお話ししたいと思います。

浮気を悩み「お金を掛けずに浮気調査を実施したい」と考えるご相談者は後を絶ちません。
近年、目立つ傾向にある「相談者自身がパートナーのスマートフォンから浮気相手として疑っている人物の情報を得る」手法。

皆さんが自身で出来る調査手法としては一番身近でポピュラーな調査と言えるでしょう。
浮気に関わる事実や多くの情報を入手出来る反面「パートナーに気付かれ警戒が厳重になる」リスクと表裏一体な手法と言え、探偵目線からはお勧めできない手法の一つと言えるのです。

しかし、警戒される事無く「浮気に関する多くの情報が入手」できたならば浮気の証拠となるホテルの出入りや浮気相手宅の出入り等も「日数や時間を掛けない状況」で証拠入手できる可能性が非常に高くなります。

まさにハイリスクハイリターンな手法と言えるのです。

この手法で得た事実をもとに「浮気を認めさせよう」と考える方は後に大きな後悔を招くことになります。
絶対にお勧めできない行為であり、多くの場合「浮気の証拠が決定的でない場合には言い逃れ」をされてしまい事実無根と浮気を認めない状況になってしまうのです。
スマートフォンから得た情報だけで「浮気を認めさせる行為」には無理があり、中途半端な浮気調査で怒りのやり場のない状況に陥ることとなってしまうのです。

きっちり「浮気相手の責任を追及する!」ことや「パートナーに浮気を止めさせる!」ことを念頭に置いた浮気調査を実施したいならば「ご自身での浮気調査は情報収集まで」とする判断が妥当と言えるのです。
中途半端な証拠をもとに浮気を認めさせる行為は絶対に行うべきではないと断言できるのです。

探偵が語る浮気の善悪とお国柄

日本において世の男女が浮気をする事実は古くから確認されています。

近代においては探偵の存在によりこの事実は未来に伝えられることとなるでしょう。

現実に浮気を明らかにする職業は日本の場合には探偵のほかに存在しないのですから当然と言えることでしょう。

古来から日本では浮気が悪いものであると考える事が一般的であったと言えます。

国単位で浮気や不倫を悪いものと判断している国はイスラム圏の国々やお隣の韓国・台湾などが代表的でしょう。
中央アジアの国々では姦通罪が厳しく処罰されています。

いずれの国でも宗教が大きく関係していることが理解でき「浮気を命がけ」で行う国も存在しているのです。
浮気や不倫で刑事責任を問われる法律は地球単位で考えるならば厳しい処罰と判断できるのです。

我々日本にも過去に姦通罪が存在していましたが現在の法律で刑事責任を問うことは無くなりました。

▲PageTOP