尾行調査 追跡調査 さいたま市 探偵 埼玉


浮気調査にお悩みならさいたまの探偵事務所へ

尾行調査、追跡調査、対象者の尾行・追跡はプロに相談

MENU

浮気調査 埼玉地域版

当探偵事務所の尾行調査

尾行は探偵の基本技術です。対象者の行動を調べる方法には主に尾行が用いられています。

尾行を行う際はもちろん張り込みも行います。

探偵は尾行・張り込みのプロと言える職業の一つです。特定人物の浮気・不倫や素行を調べる案件、対象者の所在・居所を調べる案件は尾行・張り込みを中心に行われる案件です。

浮気の証拠を取得するには、対象者を尾行して浮気現場に遭遇するまで見失わず発覚せずに行動を確認しなければなりませんし、対象者の居所をつきとめたい場合は、帰宅するまで見失わず発覚せずについて行く必要があります。

さらに、尾行・張り込みには様々なシチュエーションがあるため、現場で積み重ねた経験や判断力が重要になります。また、徒歩、自転車、車両、バイク、タクシー、電車、バスなど様々な移動手段に合わせた方法とそれに対応する技術が必要になります。

当探偵社にはこれらの経験と技術を身に付け、実績を積んだ探偵が在籍、現場を担当しており、ご相談される方の案件に対応した尾行調査を行うことが可能です。

尾行が用いられる例

・配偶者の浮気を調べたい。
主に自宅や勤務先から開始します。対象者が移動すると尾行が開始されます。 通常は帰宅するまで継続して行われますが、打ち切り条件を設定できます。 浮気相手に会った場合は、尾行対象を浮気相手に変更することも可能です。

・金銭トラブルの相手方の居所を調べたい。
御依頼者が相手方に会って別れた後を尾行します。相手方が生活をしていると思われる建物に入るまで継続して行われます。 得られた居所の情報は訴訟を提起する際にも有効です。

 

当探偵事務所の追跡調査

追跡調査は主に車両の尾行を行う時に用いる方法です。車両を尾行する際のリスクをおさえ、ほぼ発覚や見失うことなく追跡し、長期間にわたって調査を進めることも可能です。

埼玉県内には生活に自動車が必須な場所も多いため、追跡による尾行を用いる案件も多いといえます。

追跡調査が有効なケース

浮気・不倫において、普段から移動に車両を使用している対象者や、知人に見られることを避けようと考える対象者が車両で合流・移動するケースはたびたび見られます。

また、詐欺師などは金回りが良かったり用心深かったりするので電車やバスなどは使用せず車で移動することが多いです。

車はミラーで背後が確認できるため尾行そのものにも高い技術が要求されます。その上、警戒しているような対象者車両を尾行するのはかなり難しく、現場の探偵の大幅な増員が必要になります。

現場の探偵の増員がありますと、その分だけ調査にかかる費用が加算されますので、費用の拡大とリスクを軽減をはかりつつ追跡を行うことができます。

バイク(二輪車・原付)や自転車を使用する対象者に対しても追跡の応用が可能であり、現場の探偵の実働なく対象者が車両で訪れたおおよその場所や日時を確認するプランなどもあります。追跡調査を適用できる案件と適用できない案件がございますので、詳しくは当探偵社までお問い合わせ下さい。

尾行・追跡調査のご依頼は当探偵事務所へ

料金については行動調査料金を適用しており、料金表は当探偵社WEBサイトに掲載しております。

当探偵社は原則、時間料金制・後払い制となっており、不明確な追加料金の請求や成功報酬等を請求することはございません。 料金表を事前にご確認いただくと、料金・費用の計算ができ、ご安心いただけるかと思います。

また、経験豊富な担当者がご相談案件に適した計画をご提案することが可能です。 尾行・追跡調査をお考えの方は是非、当探偵社へご相談下さい。

▲PageTOP