素行調査の内容・費用・料金について


浮気調査にお悩みならさいたまの探偵事務所へ

素行が疑わしい人物は「何か隠し事を持っている」と言えるケースが数多く存在しています。

MENU

素行調査

素行調査とは、調査対象者の素行(普段の行動)を尾行して、生活の実態を明らかにすることです。

素行調査のケース

隠し事を解明する素行調査

素行が疑わしい人物は「何か隠し事を持っている」と言えるケースが数多く存在しています。

隠し事が何であるか?事実を確認できるケースは少なく「後に問題やトラブルの原因」となることは誰もが周知の事実と言えることでしょう。

夫婦間にある隠し事は大きな問題であると言えます。夫に隠れてギャンブルをしている妻や家族の将来のためにコツコツ積み重ねてきた貯金を無断で使い「高価な装飾品やブランド品を購入」する隠れた浪費癖等は探偵が過去に実施した素行調査で知りえた結果としてはポピュラーと言えるのです。

夫が隠れて何か疑わしい行動が目につくケースの代表としては「お酒の席での浪費癖」が一番でしょう。

加えて「異性に対してプレゼント」や「一緒に出掛ける浪費」等も素行調査で得られる結果として過去に多く存在してきています。

素行調査は探偵が実施する調査の中で多くの情報を導き出すことが可能な調査と言えます。

ご依頼者が欲して「疑っているポイント」に対して明確性が高い調査と言えるのです。

これは疑わしい時間帯を限定して素行調査できるメリットから得られる評価であり、素行不良な人物が「どのような思考のもとに行動」しているかが理解できることも大きなメリットと言えます。

素行調査後に必要な対策が調査結果に直結していることから依頼人の需要が高い理由と考えられるのです。

やり直すための素行調査

人の人生には大切な期間が存在します。

勉学に励み人生の基盤を形成する期間であったり、自身の人生の中で何にも代えられない大切なタイミングに関わる期間であったりと「個々の価値によって大切な期間は様々」と判断できます。

そのような期間に反して周囲から見ていても「何故?今そんなことに時間を割く必要性があるの?」と優先順位を間違えて遠回りをしている人物を時々見かけます。

もし、その人物の身内が知ったならば「この先いつでもできること」と指導するでしょう。

人は周囲の影響や自身の我慢が足りないことから「大切な期間を無駄にする」ことがあります。

このような時間は「後に大きな後悔の原因」となり長い人生の中で大きなマイナス要素と判断できることでしょう。

何かに熱中してしまっていて当人には周囲の声は届かない状況下において「自身の状況を認識させて事前に間違いを防ぐ」行為は大きな価値があると言えます。

やり直せる段階で周囲が素行調査を実施して「大きな判断ミスに気付かせる」のです。

自らの判断で間違いを認識した場合と周囲に半ば強引に間違いから切り離されるのでは大きな違いが生じます。

その後の状況にも関わることなので出来ることならば「自身の判断でやり直す環境に戻る」ことがベストであると考えるのです。

ご自身で知ることができる?素行の痕跡

ご夫婦でパートナーの素行を知る手段はかなり限定されます。

何を知りたいかで必要な手段は大きく異なりますが、お金を掛けずにご自身でパートナーの素行の痕跡を調べる手段は幾つか存在します。

昨今、流行しているSNSも手段の一つと言えますが、フェイク的な要素も考慮すると信憑性に欠ける投稿も可能なことから判断材料としては少し弱い感が否めないのです。

SNS以外で行動や素行の痕跡が残るものといえば「列車の乗車履歴が残る電子カード」や「支払い時に利用したクレジットカードの請求明細」等が代表的です。

パートナーの言葉に嘘が無く痕跡と同様の言葉が聞けるならばひとまず安心できる状況と言えるでしょう。

もし、動揺や嘘を上塗りする様子が感じられたならば「探偵に相談し素行調査を実施」する判断も必要と言えるでしょう。

素行の痕跡が間違い無いことを再確認できると共に更に詳しく「素行から読み解ける思考パターン」等も見えてくるのです。

素行調査の方法

尾行は探偵の基本技術です。素行調査の方法には主に尾行が用いられています。

尾行を行う際はもちろん張り込みも行います。

探偵は尾行・張り込みのプロと言える職業の一つです。特定人物の浮気・不倫や素行を調べる案件、対象者の所在・居所を調べる案件は尾行・張り込みを中心に行われる案件です。

浮気の証拠を取得するには、対象者を尾行して浮気現場に遭遇するまで見失わず発覚せずに行動を確認しなければなりませんし、対象者の居所をつきとめたい場合は、帰宅するまで見失わず発覚せずについて行く必要があります。

さらに、尾行・張り込みには様々なシチュエーションがあるため、現場で積み重ねた経験や判断力が重要になります。また、徒歩、自転車、車両、バイク、タクシー、電車、バスなど様々な移動手段に合わせた方法とそれに対応する技術が必要になります。

当探偵社にはこれらの経験と技術を身に付け、実績を積んだ探偵が在籍、現場を担当しており、ご相談される方の案件に対応した素行調査を行うことが可能です。

尾行が用いられる例

・配偶者の浮気を調べたい。
主に自宅や勤務先から開始します。対象者が移動すると尾行が開始されます。 通常は帰宅するまで継続して行われますが、打ち切り条件を設定できます。 浮気相手に会った場合は、尾行対象を浮気相手に変更することも可能です。

夫の浮気調査、妻の浮気調査

妻が夫に対して感じている変化は浮気の兆候かもしれません。自分の夫は浮気しない、大丈夫というのは妻の思い込みかもしれません。

 

・金銭トラブルの相手方の居所を調べたい。
御依頼者が相手方に会って別れた後を尾行します。相手方が生活をしていると思われる建物に入るまで継続して行われます。 得られた居所の情報は訴訟を提起する際にも有効です。

住所調査

依頼人が何故?不明者の住所を知る必要性があるのか「理由」によって必要となる調査スピードは異なると言えるのです。

 

車両追跡

車両追跡は主に車両尾行を行う時に用いる方法です。車両を尾行する際のリスクをおさえ、ほぼ発覚や見失うことなく追跡し、長期間にわたって調査を進めることも可能です。

埼玉県内には生活に自動車が必須な場所も多いため、追跡による尾行を用いる案件も多いといえます。

車両追跡が有効なケース

  • 普段から車両で移動する対象者のケース
  • 浮気不倫している配偶者が主に自家用車で移動するケース
  • 配偶者の浮気相手が車で迎えにくて合流すると判明したケース
  • 詐欺師や金銭トラブルの相手方が車両を使用しているケース
  • 行動を調べたい対象者が運転手つきの車を使用しているケース
  • 車両を使用する対象者が尾行を警戒しているケース など

浮気・不倫において、普段から移動に車両を使用している対象者や、知人に見られることを避けようと考える対象者が車両で合流・移動するケースはたびたび見られます。

また、詐欺師などは金回りが良かったり用心深かったりするので電車やバスなどは使用せず車で移動することが多いです。

車はミラーで背後が確認できるため尾行そのものにも高い技術が要求されます。その上、警戒しているような対象者車両を尾行するのはかなり難しく、現場の探偵の大幅な増員が必要になります。

現場の探偵の増員がありますと、その分だけ調査にかかる費用が加算されますので、費用の拡大とリスクを軽減をはかりつつ追跡を行うことができます。

バイク(二輪車・原付)や自転車を使用する対象者に対しても追跡の応用が可能であり、現場の探偵の実働なく対象者が車両で訪れたおおよその場所や日時を確認するプランなどもあります。

車両追跡を適用できる案件と適用できない案件がございますので、詳しくは当探偵社までお問い合わせ下さい。

素行調査の料金・費用

素行調査については時間料金でおこなっており、料金表は当探偵社WEBサイトに掲載しております。詳しくは下記料金ページをご覧下さい。

料金表

料金表を事前にご確認いただくと、料金・費用の計算ができ、ご安心いただけるかと思います。

また、原則として後払いでのお支払いとなっておりますので安心してご依頼いただけます。

▲PageTOP