浮気 隠す アプリ


浮気調査にお悩みならさいたまの探偵事務所へ

浮気への対策・相談は当社へ

MENU

浮気を隠すためのアプリを使う?

浮気がバレる一番の要因はスマホ

誰もがスマホを利用するようになった今、中には片時もスマホを手放せないという依存状態に陥る人が少なくありません。

その一方で、これまでは特にスマホに依存することなく、机の上などに無造作に置いていた夫が、急にどこに行くにも欠かさず持ち歩くようになり、しかもロックまでかけているとなると、妻が浮気を疑うのは自然な流れです。

興信所や探偵社に依頼される内容で圧倒的に多い浮気調査ですが、その発端となるのがスマホの扱い方が変わったことに配偶者が気付いたというケースがほとんどです。

スマホを見られていることに気付かずにいると、かなりの正確さと素早さで、探偵社に証拠を握られてしまうでしょう。

浮気はバレないようにするのが思いやり

配偶者を悲しませないためにも、離婚するつもりがないのであれば浮気をしていることがパートナーにバレないようにすることが思いやりと言えます。

そもそも浮気をしないに越したことはないのですが、そこはどうしてもつい浮気をしてしまうこともあるでしょう。

そんな浮気をスマホから配偶者にバレないようにする、浮気を隠すためのアプリがいくつかあります。

もっとも効果的と思われるものを1つだけ使うのも良いですが、複数使うとより強固にスマホからの浮気バレが阻止できるはずです。

まずは無料で使えるログイン関係アプリを入れておこう

個別にアプリに対策を施そうとして別々のIDやパスワードを設定すると、どれがどれだかわからなくなってしまいます。

そこで、無料で使える「ログイン帳」を入れておくと便利です。

これでパスワードが一元管理できますし、このアプリそのものにロックをかけることができます。

これを入れておけば、ログイン帳を通り抜けない限りは何も見ることができません。

ただし、ログイン帳のパスワードがわからなくなってしまうとどうにもならない点には注意が必要です。

端末を見られたかどうかを確認できるアプリも

「Gotcha! Lite」というアプリは、スマホを動かし、アプリを起動するとその情報を記録しておいてくれます。

ログイン帳を入れたうえでアプリを起動できなくさせておいたら、あとは端末が動いたかどうかによって、配偶者が疑っているかどうかがわかります。

お風呂に入っているときやどうしても持ち運べないときなどにこのアプリを入れておくと、アプリは起動できなかったものの、なんとかスマホの内容を見ようと端末を触ったということがわかるわけです。

とはいえ、配偶者がスマホを触ったとしても、あえて追及しない方が良いでしょう。

なぜそんなアプリが必要なのと逆に聞かれて、しどろもどろになって墓穴を掘る可能性が無きにしもあらずだからです。

疑わしい内容を見られないようにできるアプリ

もしかすると、ログイン帳をすり抜けてログインできてしまう可能性も考慮するなら、「履歴ing Maniac」というアプリを入れておくと良いでしょう。

着信履歴やメールの内容、さらにインストールしたアプリの情報などを隠すことができます。

このアプリの特徴は、通話記録を編集できることで、パートナーが不審に思う着信履歴は隠してしまえるほか、浮気相手からの着信は隠蔽履歴として、隠すことができるのです。

他の人からきた通常の履歴は表示されますので、自然な感じで着信履歴を残しつつ、浮気相手からの着信だけは表示させないという、浮気をしていることを隠すには何とも役に立ってくれるアプリとなっています。

3つ程度あれば大丈夫

あまりたくさんアプリを入れると、かえって怪しまれることになるかもしれませんので、3つ程度にとどめておくといいでしょう。

この3つのアプリを入れておけば、おそらくパートナーがスマホを触ったとしても、証拠を掴むことはかなり難しくなると思われます。

▲PageTOP