浮気相手 切る方法


浮気調査にお悩みならさいたまの探偵事務所へ

浮気への対策・相談は当社へ

MENU

浮気相手をスムーズに切るには?

パートナーに浮気がばれてしまったときや浮気がばれそうになったときなど、浮気相手と別れようと考えることがあるでしょう。

しかしどう別れを切り出せばよいのか、浮気相手を切る方法はあるのかと悩みます。

ここでは、浮気相手をスムーズに切る方法について紹介します。

お互いしっかり話し合いをする

浮気相手を切りたいと思ったときは、しっかり話し合いをすることが必要です。

こちらはもう会わない、別れようと伝えたと思っていても、浮気相手はそうはとっておらずまだ関係が続いていると勘違いしているケースがあります。

たとえばメールで一方的に、もう会いませんと送ったとします。

しかし浮気相手は納得がいかず、なぜそんなことをいうの?と返事をしてきたとしましょう。

もう会わないと伝えたからと、そこで一方的に関係を切ってしまう人もいるでしょう。

中にはもう会いませんと一方的にメールだけ送って、返事が来ても何も連絡をしない、相手からの連絡は一切受け付けないという人もいます。

こちらから一方的に関係を切ろうとしても、うまくいかないことが多いです。

そのため、しっかり話し合いをしてお互い納得したうえで浮気相手を切りましょう。

話し合いのための状況を整える

浮気相手としっかり話をするために、まずは状況を整えましょう。

浮気相手を切りたいと考えるきっかけはさまざまですが、浮気相手と喧嘩をしたことによって切りたいと考える人もいるでしょう。

しかし喧嘩をしたままでは、話し合いをしてもさらに喧嘩になることや険悪なムードになることが考えられます。

まずはいったん仲直りをするなど、お互い冷静に話ができる状況を作ります。

喧嘩をしたとしたら、いったんほとぼりが冷めるまで待つか仲直りをしましょう。

そしてしばらく様子を見て、冷静に話ができるタイミングを見計らって別れを切り出すのがコツです。

冷静に話し合うことで、スムーズに別れられる可能性が高いです。

別れたいと言い訳せず伝える

浮気相手をスムーズに切る際に、別れようとストレートに伝えることが大切です。

もう会わないほうがいいと思う、妻に関係がばれそうだからなどと、別れたいと言わずに遠回しに伝えると浮気相手が納得しないケースもあります。

ストレートに別れたいと伝えると、なぜそんなことをいうのと反論される可能性はありますが、強い意思があるからあまり反論ができないかもしれないと相手を下がらせやすいです。

相手を責めずに伝える

浮気相手を切りたいと思ったとき、相手のことを責めずに別れたいと伝えることが大切です。

浮気相手に対して、あなたがよく電話をしてくるから妻にばれそうになった、仕事で残業がしづらくなったなどと不満を伝えてしまうと、相手を怒らせる原因になります。

今までありがとうなどと、感謝の気持ちを伝えるなど浮気相手をたてることで別れやすくなります。

今までありがとう、しかしこれ以上浮気を続けていくことはできないと伝えてもよいでしょう。

浮気することに疲れたという

浮気相手を切る場合、浮気をすることに疲れたと素直に伝えても問題ありません。

浮気相手に非があるのではなく、浮気をするという行為に関して疲れたと伝えることで、相手は強く言い返せません。

あなたに対して不満があるのではなく、浮気は後ろめたい行為なので疲れました、これ以上続けていくのは辛いですと伝えてもよいでしょう。

メールで伝える場合は相手の反応も見ましょう

浮気相手を切る際は、メールでもよいですし直接会って話をしてもよいです。

パートナーに浮気がばれそうで、直接会うことが難しくメールで済ませる方もいます。

しかし、メールで済ませる場合は一方的にメールを送るのではなく、相手の反応も見てお互い納得したうえで別れましょう。

▲PageTOP