自分の浮気が原因で別れた相手と復縁をしたい場合の対処法


浮気調査にお悩みならさいたまの探偵事務所へ

浮気への対策・相談は当社へ

MENU

浮気で復縁することを考える

浮気が原因で別れてしまうケースは決して少なくありません。

ちょっとした出来心で異性と付き合ってしまい、そのまま離婚というケースは多いです。

まだ結婚していない状態であれば、別れを告げられることになるでしょう。

しかし実際に自分の失態でパートナーと別れたことにより、パートナーの大切さを再認識できたという人は多いです。

人間は何かを失ったときに、初めてその大切さを実感できることが多いのです。

いつも一緒にいればその状態が自分にとって当たり前になってしまいますが、いざ別れたときに寂しさが襲ってくることは少なくありません。

そうしたときは本気で相手と復縁したいと考えることがあるでしょう。

自分の浮気が原因で別れてしまい、やっぱり元の関係に戻りたいと考えたときは、とにかく相手に許してもらうしかありません。

あくまでも決定権は相手にありますが、誠心誠意を持って謝れば許してもらえる可能性はあります。

下手に言い訳をすると相手を余計に怒らせることになりますので、素直に謝るのがよいでしょう。

同時になぜ復縁したいと思ったのか、理由を明確に伝えておく必要があります。

相手を納得させるだけの理由が必要になりますので、ここはじっくりと考えておく必要があります。

謝るタイミングと連絡は?

相手に謝るタイミングですが、これはある程度時間を置いたほうがよい場合が多いです。

たとえば浮気別れをしてから数日後に連絡しても、相手はまだ怒っている状態でしょう。

相手が感情的になっているタイミングで話を持ち出しても、相手にしてもらうことは難しいです。

お互いに冷静に話し合うためには、少なくとも1ヶ月は時間を置く必要があるでしょう。

相手が男性か女性かによっても対策は変わり、女性の場合は2ヶ月以上は置いたほうが得策です。

男性は意外とドライな部分がありますから、1ヶ月後くらいに連絡して謝れば関係を修復できることが少なくありません。

ほかにも相手の誕生日やクリスマスなどを気に連絡してみるのも得策です。

この時点で相手に恋人がいる状態なら、きっぱりと諦めるしかありません。

もし恋人がいないのであれば、復縁したい旨を伝えてみるとよいでしょう。

いきなり会おうとは言わずに、最初はメールでやり取りするのがよいです。

相手から返信が来るようならば、相手に許してあげようという気持ちがあるのかもしれません。

ただし相手から連絡してこないでほしいと言われたときは、きっぱりと諦める必要があります。

自分に落ち度があるならしっかり考えましょう

自分に落ち度がある以上は、相手に迷惑をかける行為は避けなくてはいけません。

自分の浮気で相手と別れることになった場合は、一気に関係を修復しようとしても難しいです。

いきなりデートに誘ってもうまくいきませんから、メールなどで連絡を取りつつ相手の反応を確認しましょう。

相手が復縁してもよいと考えている場合は、その気持ちがなんとなく自分に伝わるものです。

復縁話を出すときは、もう二度と浮気しない旨を伝えておく必要があります。

そして再び一緒になりたい理由を明確に話しておきましょう。

最終的に本音ほど相手に響く言葉はないのです。

関係が修復したあとは、相手に主導権を握られてしまう可能性はあります。

自分に落ち度がある以上は仕方のないことであり、ここは覚悟する必要があるでしょう。

自分の行動を監視される可能性がありますし、ときに疑いの目を向けられることもあります。

ただ相手をこのようにしてしまった理由はすべて自分にあるのです。

自分の落ち度については素直に反省すること、そして以前と全く同じ関係に戻るのは難しいことを覚悟してください。

それでも相手と再び付き合いたいと思うなら、素直に謝って気持ちを伝えるしかありません。

相手に連絡をするタイミングは、仕事の休日の前夜などが適しています。

▲PageTOP